AJCスタッフ・ホイコンのお気に入りレシピ

トゥッククルン


Teuk Kreung - カンボジア料理

カンボジア出身のホイコンが紹介するのは、魚で作るディッピングソース「トゥッククルン」。トゥッククルンに色々な野菜をつけて食べるお料理で、カンボジアの家庭料理です。ツナ缶やサバ缶で作ることもできます。

材料・作り方 ≫レシピストーリー ≫

材料

4人分

真あじ 2尾(約500g)
にんにく 5片
玉ねぎ 1/4個
バジル 10枚
レモン 1個
鷹の爪 2個
砂糖 大さじ1
小さじ1
フィッシュソース(ナンプラー) 大さじ2
小さじ1
ディップをつける野菜
お好みの野菜

作り方

STEP 1

大きめの鍋にたっぷりと水をいれ、沸騰させる。

STEP 2

真あじを入れ、中火で10分ゆでる。火が通ったら鍋から取り出し、骨を取り除き、身をほぐしてボウルに入れる。(骨が多いので、丁寧に取り除く)

STEP 3

にんにく、玉ねぎ、鷹の爪をみじん切りにする。

STEP 4

バジルを千切りにする。

STEP 5

フライパンに油をひき、中火で温める。にんにく、玉ねぎ、唐辛子を入れ、茶色くなるまで炒める。

STEP 6

ほぐした魚が入ったボウルに、炒めたにんにく、玉ねぎ、唐辛子を入れる。

STEP 7

さらに、レモン汁、砂糖、ナンプラー、塩を加え、よく混ぜ合わせる。

STEP 8

最後にバジルを加えて混ぜる。

STEP 9

好みの野菜につけて食べる。

レシピストーリー


真あじで作るトゥッククルンが一番好きというホイコン

トゥッククルンにまつわる思い出を教えて下さい。

家族との楽しい食事の時間を思い出します。母がボウルにたっぷり入ったトゥッククルンをテーブルに置くと、みんなそれぞれ自分が好きな野菜をさっと取って、トゥッククルンのボウルに深く押し込んで、パクっと食べていたのを思い出します。

日本でもトゥッククルンをよく作っていますか?

月に3~4回作っています。簡単ですし、魚と野菜で作るのでヘルシーだからです。日本では、ときどきサバ缶を使って作ることもありますが、生の真アジで作る方が好きです。

カンボジアでトゥッククルンを作るとき、どんな魚を使うのですか?またどんな野菜と食べるのですか?

魚は通常スネークフィッシュという淡水魚を使います。野菜は、その季節の新鮮なものを色々と合わせて食べます。ホテイアオイ(紫色の花が付く水草)やニーム(インドセンダン)というハーブ、その他なんでも好きな生野菜と食べます。定番はきゅうりで、私もきゅうりと食べるのが一番好きです。

トゥッククルンはお皿に盛りつけると華やかですね。どんな時に食べる料理なのですか?

一般的な家庭料理です。魚も野菜も安くて簡単に手に入るものですし、なにより短時間で作れるからです。

トゥッククルンをおいしく作る秘訣はありますか?

生野菜と食べるので、塩気や辛味を少し強めに作るとおいしいと思います。バジルを多く入れると香りも良くなりますよ。

これからトゥッククルンを作ろうとしている方へメッセージをどうぞ。

生野菜をたくさん食べたいけど何を作ろう…と迷ったら、トッククルンを試してみてください!

「ASEANレシピ動画」TOPへ戻る