ブルネイ・ダルサラーム国


Brunei Darussalam

面積
5,765km2

人口
約42万人(2015年推定値)

首都
バンダルスリブガワン

政治体制
立憲君主制

主な言語
マレー語、英語

主な宗教
イスラム教

通貨
ブルネイ・ドル

75%
75%

ブルネイの天然ガスの7割以上は日本に輸出。
日本が全世界から輸入する天然ガスの約5%を占めます。(2014年)

参考情報:ブルネイ首相府経済計画開発局

資源豊かで、国名通り平和な国

ボルネオ島の北西海岸に位置し、国土は三重県と同程度の大きさ。国民の約80%が敬虔なイスラム教徒です。1984年にイギリスから独立して以来、国王による統治で安定した内政を維持してきました。石油や天然ガスなどの豊かな地下資源に恵まれ、国民はその恩恵を受け医療費や教育費はすべて無料、個人に対する所得税もなく、高い生活水準を維持しています。現在では、これまで国家を支えてきたエネルギー産業に依存しすぎることのないよう、経済の多角化を進めています。

ブルネイで生産された天然ガスの大部分は日本に輸出され、ブルネイにとって、日本は長年にわたる最大の貿易相手国であり、日本にとってもブルネイは重要なエネルギー供給国です。両国間では、技術協力、教育・文化面でも活発な交流が行われています。

オマール・アリ・サイフディン・モスク
オマール・アリ・サイフディン・モスク(写真提供:ブルネイ政府観光局)

国名の意味

マレー語の「buni=亜麻(あま)」に由来していて、ボルネオ島の名前はブルネイがなまったものです。
ダルサラームは、アラビア語で「平穏な土地」の意味。

国旗の意味

繁栄と平和を願う文字が書かれた真ん中の国章はイスラム教にちなんだものです。両側の手は政府を表しています。

交流マナー

イスラム教では左手は不浄なものとされています。握手をしたり、物を渡す時には、左手を使わないようにしましょう。

人指しゆびで人を示すことはとても失礼なこととされていますので、気をつけましょう。

イスラム教寺院を訪れたら靴を脱ぎ、帽子をとりましょう。寺院内は、イスラム教の人たちにとって神聖な場所であることに気をつけて、見学しましょう。

人の頭は神聖なものとされているので、子供の頭をなでることはつつしみましょう。

イスラム教では豚は不浄な生き物とされているので、イスラム教徒は、豚肉を食べません。

相手の文化や生活習慣を尊重し、失礼のないように心がけましょう。