AJCスタッフ・ウランのお気に入りレシピ

サンバルウダン


Sambal Udang - インドネシア料理

インドネシア出身のウランが紹介するのは、揚げたエビを辛いサンバルで炒めた「サンバルウダン」のレシピ。インドネシアやマレーシアの辛味調味料である「サンバル」を作る際は、唐辛子をたっぷり使います。辛い味が好きな方はレシピ通りに、苦手な方は唐辛子の本数を減らしたり、種を取り除いたりしてお好みの辛さに調節して下さい。

材料・作り方 ≫レシピストーリー ≫

材料

4人分

海老(殻付き) 20尾
レモン 1/2個
赤唐辛子 30本(25g)
赤パプリカ(大) 1/2個(100g)
玉ねぎ(中) 1個
にんにく 2片
トマト(大) 1個
小さじ1
砂糖 ひとつまみ
こねぎ 1本
適量

作り方

STEP 1

海老の下処理をする。海老を水で洗う。尾を斜めに切り、フォークで汚れを取り出す。背中に切り込みを入れる。レモン汁をかけておく。

STEP 2

サンバルの元を作る。赤唐辛子と、にんにく、ざく切りしたパプリカ、玉ねぎ1/2個、トマト1/2個を、ブレンダーにかける。

STEP 3

残った玉ねぎ1/2個とトマト1/2個を薄切りにする。小ねぎは小口切りにしておく。

STEP 4

海老を揚げる。鍋に油を(なべ底1cmくらい)を入れ、油を温める。

STEP 5

海老の表面の水分をキッチンペーパーで拭いてから、鍋にいれ、両面を揚げたら取り出す。

STEP 6

別の鍋でサンバルを作る。鍋に、エビを揚げた油大さじ3と薄切りにした玉ねぎ1/2個を入れ、火が通るまで炒める。

STEP 7

サンバルの元を(ブレンダーにかけたもの)を加えて炒める。

STEP 8

塩と砂糖を加え、トマト1/2をうす切りにしたものを入れて、さらに炒める。

STEP 9

最後に海老を加えて、全体を炒める。小ねぎをトッピングしたら、できあがり。

レシピストーリー


お弁当にサンバルウダンを持ってきたウラン
この日はゆでた菜の花を添えて


ウランが作ったサンバルウダン

このレシピについて教えて下さい。

これは母のレシピです。私の家族はシーフードが好きなので、母がよくサンバルウダンを作ります。

日本でもこのレシピでサンバルウダンをよく作るのですか?

はい、よく作っています。

サンバルウダンにまつわる思い出を教えて下さい。

母が作るときに、よく海老の下処理を手伝いました。時々、というか毎回、揚げたての海老をこっそりつまみ食いしました。揚げたてはとってもおいしいから!そして母に怒られ、自分の部屋に逃げる・・・ということをしていたのが思い出です。懐かしいなあ。

サンバルウダンをおいしく作る秘訣はありますか?

心を込めて作って下さい(笑)。レタスと食べるとサンバルの辛さが中和されて良いですよ。母はサンバルにプタイ豆*というちょっと臭い豆を入れます。それが加わると最高の香りのサンバルが作れます。プタイ豆は食べた後、口の中に独特のにおいが残るのですが、味はとってもおいしいです。

*プタイ豆はインドネシアやマレーシアのジャングルに生息している木から取れるマメ科の食材です。和名はネジレフサマメノキ。

これからサンバルウダンを作ろうとしている方へメッセージをどうぞ。

「No spice, no life」(辛い物がなきゃ生きていけない)。これはインドネシア人のモットーです。インドネシア人は辛いものが大好きで、サンバルもとても辛いです。もし辛口にチャンレジしたければ、レシピの唐辛子をバードアイチリ(赤鳥の目唐辛子)に変えてみて下さい。

「ASEANレシピ動画」TOPへ戻る