What’s
プンチャック・シラット

プンチャック・シラット(Pencak Silat)


1000年の歴史を持つマレー地域の伝統武術

プンチャック・シラットとは、インドネシアを中心とするマレー地域発祥の1000年の歴史を持つ伝統武術で、インドネシアでは国技にもなっています。また、ブルネイ、マレーシア、シンガポールなどのマレー圏でも盛んです。自分の心身を磨き、素手・素足を基本に、時には武器も使用する武術です。

プンチャック・シラットは、1987年のジャカルタ大会以来、SEA Games(東南アジア競技大会)の正式種目となっています。また、2018年にジャカルタで行われるアジア大会でも正式種目に加えられることが決定しており、ASEAN地域のみならず、アジア全域で浸透しつつあります。

競技プンチャック・シラットとは

プンチャック・シラットには、A) メンタル・スピリチュアル(精神安定と集中力を養う)B) 護身術(身を守るための型や技を学ぶ)C) 演武(民族音楽に合わせて型を演ずる)D) 競技シラット(試合ルールに従って戦う格闘競技及び規定型演武)の4要素があり、数百あると言われる伝統流派はこの4つの要素のいずれか、もしくはいくつかを備えています。アジア・オリンピック評議会(OCA)のルールブックに記載されている「プンチャック・シラット」とは、この4要素のうち最後、D)競技プンチャック・シラットを指します。競技シラットはボティープロテクターを着け、スコアを競って戦う試合部門と、規定あるいは自由型を競う演武部門があります。

【情報・写真提供:一社)日本プンチャック・シラット協会】

「ASEANスポーツ・ミュージアムTOPへ戻る