ASEANスポーツ・ミュージアム

ASEAN諸国には、チンロンやセパタクローなど、日本では余り知られていない伝統競技が数多くあり、人々に親しまれています。その他、サッカーやバスケットボール、バドミントンなども人気で、特にマレーシアやインドネシアは、バドミントンの強豪国としても知られています。

以下、ASEAN諸国でポピュラーなスポーツをご紹介しましょう。

スポーツ一覧

※クリックすると各詳細ページに移動します。

東南アジア版オリンピック!? “SEA Games”

“SEA Games”とは、「South East Asian Games」の略で、日本では東南アジア競技大会と呼ばれています。1959年から開催されている歴史ある総合競技大会で、現在ASEAN全10カ国と東ティモールが参加し、2年に1度開催されています。種目は、セパタクローを始め、ムエタイやプンチャック・シラット等の東南アジア発祥の競技の他、陸上、水泳、テコンドー、レスリング、サッカーなど様々です。