ヤン・ウンセン


タイ料理

豊富な食材を使って、色々な料理を楽しめるのがタイ料理の魅力です。たくさんの香辛料、レモン、ライム、香菜によってタイ料理独特の味つけになります。「ヤン・ウンセン」は、唐辛子とレモン、ナンプラーで味つけた、酸っぱくて辛い春雨(はるさめ)のサラダで、タイを代表する料理の一つです。

材料

4人分

緑豆春雨
(りょくとうはるさめ)
80g
にんじん 1/2
玉ねぎ 1/2
セロリ 5cm
豚挽き肉 100g
きくらげ 2枚
干しエビ 大さじ3
調味料
サラダオイル 大さじ1/2
タレ
フィッシュソース 大さじ2
レモンしぼり汁 大さじ2~4
砂糖 大さじ1
にんにく 1かけら
赤唐辛子 2~5本
トッピング
香菜の葉 適量
フィッシュソースは、魚を発酵させて作った調味料で、日本の醤油のように使われています。カンボジアではトゥックトレイ、タイではナンプラー、ベトナムではニョクマムとよばれています。
※香菜は、パクチー、コリアンダーともいいます。苦手な人は、無くてもOK。

作り方

STEP 1


にんじんは千切りに、セロリと玉ねぎは薄切りにして、玉ねぎは水につけてさらしておきます。キクラゲは水で戻してから千切りにし、干しエビは少量のお湯につけて戻しておきます。

STEP 2

春雨(はるさめ)を硬めにゆでて、食べやすい長さに切ります。

STEP 3


フライパンにサラダオイルを入れて豚ひき肉と干しエビを炒めます。豚挽肉がポロポロになったら火を止めます。

STEP 4

タレを作ります。にんにくと赤唐辛子は、みじん切りにして、他の材料とよく混ぜ合わせます。

STEP 5

ボールに野菜、春雨、肉を入れてタレをかけ、よくかき混ぜれば、できあがりです。好みで香菜の葉をトッピングして食べましょう。

「ASEANレシピ」TOPへ戻る