サヨル・レマ


ニョニャ料理/プラナカン料理(マレー料理と中華料理が合わさった料理)

「サヨル・レマ」は、中華の食材を、マレー料理でよく使われるココナッツミルクとターメリックで味付けしたニョニャ料理(マレー料理と中華料理が合わさった料理)で、甘さと辛さが合わさったおいしい野菜料理です。

ブルネイ、インドネシアやマレーシア等のイスラム教徒の多い国々では、イスラム教の教えにより、豚を食べることを禁止しているので、牛肉や魚介類の料理がたくさんあります。また、ニョニャ料理もポピュラーです。

材料

4人分

白菜 1枚
チンゲン菜 1株
プチトマト 12個
なす 1本
赤唐辛子 1本
干しエビ 大さじ1
調味料
サラダオイル 大さじ2
鳥ガラスープの素 小さじ2
お湯
200cc
ココナッツミルク 200cc
ターメリック 小さじ2
小さじ1/2
フィッシュソース 小さじ2
粉唐辛子 適量
フィッシュソースは、魚を発酵させて作った調味料で、日本の醤油のように使われています。カンボジアではトゥックトレイ、タイではナンプラー、ベトナムではニョクマムとよばれています。

作り方

STEP 1

白菜とチンゲン菜は葉と茎に分けて、葉はざく切りに、茎は5mm幅の千切りにします。プチトマトはヘタを取って半分に切り、ナスは薄切りにします。

STEP 2

赤唐辛子は、ふたつに折ってヘタと種を取っておき、干しエビは少量のお湯につけて戻しておきます。お湯で溶かした鳥ガラスープ200cc、ココナッツミルク200ccも用意しておきましょう。

STEP 3


お鍋にサラダオイルを入れて、赤唐辛子を軽く炒め、干しエビは戻し汁ごと入れて、炒めます。そこに、なすを入れて透きとおるまで炒めてから、お湯で溶かした鳥ガラスープの素、ココナッツミルク、ターメリックを入れて、沸騰する前に残りの野菜を入れます。

STEP 4

塩とフィッシュソースを入れて味見をし、スープが薄い時は鳥ガラスープの素、塩味が足りない時はフィッシュソースか塩、また、辛さが足りない時は粉唐辛子、甘みが足りない時はココナッツミルクを入れましょう。野菜に少し歯ごたえが残るくらいになったら器に移して、できあがりです。えびや鳥もも肉を入れてもおいしいです。どうぞご飯といっしょに召し上がれ。

「ASEANレシピ」TOPへ戻る