おもしろ民族楽器

ASEAN諸国の音楽は、中国やインドといった近隣諸国や外来文化の影響を受けつつ、各地の民族的な伝統行事・儀礼、信仰・宗教などと深く結びついて発達してきました。

以下ではASEAN諸国の珍しい楽器を、いくつかご紹介します。

ASEAN諸国の珍しい楽器

※楽器をクリックすると詳しい説明箇所に移動します。

バリンビン


フィリピンの打楽器

バリンビン

竹筒の先を2つに割ったような形の打楽器。筒の下を片手で持って、先の部分をもう片方の手首でたたいてビリビリという音を出して、指穴を押さえたりあけたりして音色を変えます。
音程の違う6本が一組で、伝統的な演奏法では、一人で演奏するか、6人で合奏します。

演奏を聴いてみる

<長さの異なる竹筒の音の違い>

短い筒 中間の筒 長い筒

グンデル


インドネシアの打楽器

グンデル

A.バリ島ガムランのグンデル系の様々な楽器のひとつ(カンティラ)
B.ジャワ島ガムランのグンデル
C.ガムランで使用する楽器

青銅製の鉄琴の一種。
鍵盤の数は音楽の種類で様々ですが、10数枚のものが良く使用されています。
床に座ったままで、ばちを持って演奏します。
インドネシアの音楽「ガムラン」のメロディーの部分を担当します。

A.バリ島ガムランのグンデル系楽器のひとつ
B.ジャワ島ガムランのグンデル
C.ガムランで使用する楽器

サウンガウ


ミャンマーの弦楽器

サウンガウ

16本の弦が張られた弓形のハープ=竪琴(たてごと)。
椅子などに座り、内側に曲がった棒が左側に来るようにひざの上に乗せ、右手で弦をはじいて、左手で音の高さを変えます。

サペ


マレーシアの弦楽器

サペ

ボルネオ島の少数民族の弦楽器。伝統的には3本の弦を張って演奏します。
ギターのように左手で弦を押さえて、右手で弦をはじいて、音を鳴らします。

ルバーブ


マレーシアの弦楽器

ルバーブ

三本の弦が張られた胡弓(こきゅう)。
床につき立てた状態で、左手で弦を押さえて、右手に持った弓で弦をこすって音を鳴らします。

ラマナー


タイの打楽器

ラマナー

幅が薄く、片側だけに皮が張っている太鼓。
床に座ったままで演奏します。
真ん中をたたくと低い音が出て、外側をたたくと高い音が出ます。

演奏を聴いてみる

<たたく場所の音の違い>

真ん中 外側

ダンバウ


ベトナムの弦楽器

ダンバウ

1本の弦が張られた琴。
右手に持った竹の棒で弦をはじいて、左手で縦棒を左右に動かして音程を変えます。

<弾き方による音の違い>

弱く弾く 弾く 強く弾く 長く弾く

アンクルン


インドネシアの打楽器

アンクルン

2~3本の竹筒の枠の中に組み込んだがらがらの仲間。
一人が1~2個を振って演奏する場合と、木の枠にかけたまま1人から数人で演奏する場合とがあります。

演奏を聴いてみる

<長さの異なる竹筒の音の違い>

短い竹筒 長い竹筒

【写真提供:民族音楽センター、浜松市楽器博物館】