ASEANとは

ASEANとは、東南アジア地域の国々が加盟する地域協力機構です。

1967年8月に「ASEAN設立宣言(通称:バンコク宣言)」に基づき、地域の平和と安定や経済成長の促進を目的として設立されました。当初の加盟国は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの5カ国でしたが、その後、ブルネイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー及びカンボジアが順次加盟し、現在は10カ国で構成されています。

ASEANの最高意思決定機関は、首脳会議「ASEANサミット」です。また、ASEANでは分野別の閣僚会議や委員会も開かれ、一年を通し様々な分野において、政策協議が行われています。ASEAN事務局はインドネシアのジャカルタに設置されており、機構内の会議・委員会等の調整・効率化を担い、様々な事業を実施しています。

ASEANの目的

1.域内における経済成長、社会・文化的発展の促進
2.域内における政治・経済的安定の確保
3.域内諸問題に関する協力

ASEAN加盟国

ブルネイ・ダルサラーム国
Brunei Darussalam

資源豊かで、国名通り平和な国

さらに詳しく見てみる

カンボジア王国
Kingdom of Cambodia

世界遺産アンコール遺跡をもつ森林の国

さらに詳しく見てみる

インドネシア共和国
Republic of Indonesia

13,000以上の島々からなる多民族国家

さらに詳しく見てみる

ラオス人民民主共和国
Lao People’s Democratic Republic

経済改革で新たな成長を目指す

さらに詳しく見てみる

マレーシア
Malaysia

「ルック・イースト政策」は日本マレーシア間の友好協力関係のシンボル

さらに詳しく見てみる

ミャンマー連邦共和国
Republic of the Union of Myanmar

民主化に伴い、注目される資源と高い潜在成長力

さらに詳しく見てみる

フィリピン共和国
Republic of the Philippines

「東海の真珠」と呼ばれる群島国家

さらに詳しく見てみる

シンガポール共和国
Republic of Singapore

ASEANの経済をリードする緑豊かなガーデン・シティ

さらに詳しく見てみる

タイ王国
Kingdom of Thailand

植民地支配を受けず独自の文化を育んできた「微笑みの国」

さらに詳しく見てみる

ベトナム社会主義共和国
Socialist Republic of Vietnam

ドイモイという名の開放政策で飛躍、観光地として大人気

さらに詳しく見てみる